サイトマップチャレンジするマグネットメーカー!マグネットも中身のあるブランドの時代。相模マグネットは新しい価値を創造します![株式会社 相模化学金属] To English Page
相模マグネット お問い合わせ サイトマップ
 会社案内 磁石製品のご案内 相模化学金属の特長 マグネット工場の紹介 品質管理について お取引について 
磁石製品のご案内磁石製品のご案内
当社のサービスをご活用くださいませ。皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております!
 ネオジム磁石
 サマコバ磁石
 フェライト磁石
 ネオジプラマグ磁石
 アルニコ磁石

磁石製品のご案内

相模化学金属の特長

マグネット工場の紹介

トップが語る過去と未来

採用情報

磁石の製造・加工・販売、磁石応用製品製作は...
相模マグネット 〜 株式会社 相模化学金属 〜
〒252-0132
神奈川県相模原市緑区橋本台3丁目12番18号
(峡の原工業団地)
TEL 042-773-2626 FAX 042-772-0099
 
磁石製品のご案内【アルニコ磁石】
 磁石製品のご案内【アルニコ磁石】 特性データ(材質特性データ) 減磁曲線グラフ 磁石物理特性 製造プロセス 磁石の特徴
アルニコ磁石の特徴

鉄(Fe)、アルミニウム(Al)、ニッケル(Ni)、コバルト(Co)を基本成分としていて、もろく、展延性がないので原料金属を高温溶解・合金化した後、鋳型に鋳込んで製造するために、鋳造磁石とも呼ばれています。

高いBr値、高い温度安定性を有し、低温減磁、熱減磁が起こり難く、機械強度も高い等の長所があります。しかし、保磁力Hcjが小さいために、外部磁界による減磁が起き易く、また薄物製品には不向きである等の制限もあります。設計上、形状、磁気特性を十分考慮した着磁方法や減磁に注意した組立て方法を選ぶことが肝要です。
アルニコ磁石/製品の一例



特性データ(材質特性データ) 減磁曲線グラフ 磁石物理特性 製造プロセス
材質名
鋳造 CAST
残留磁束密度(Br)
kG/T
保磁力(Hcb)
kOe/kA/m
(BH)max
MGOe/kj/m3
密度
g/cm3
アルニコ5
12.0
1.20
0.60
48
4.63
36.9
7.3
アルニコ6 10.0
1.00
0.72
56
3.50
27.9
7.3
アルニコ8
8.0
0.80
1.38
110
4.75
37.8
7.3
材質名
焼結 sintered
       
アルニコ5
10.5
1.05
0.58
46
3.50
27.9
7.0
アルニコ8 7.8
0.78
1.34
107
3.90
31.0
7.0
アルニコ成分


製造プロセス 磁石物理特性 減磁曲線グラフ 特性データ
配合→溶解→鋳造→粗加工→熱処理→仕上加工→着磁

 

お問合せはこちらから お問い合わせフォームへ
 ↑上に戻る
(c) Copyright 2007 SAGAMI CHEMICAL METAL CO., LTD. All rights reserved.
履歴を見る 特性データ(材質特性データ) 減磁曲線グラフ 磁石物理特性 製造プロセス